タグ別アーカイブ: スキンケア

経皮毒

【経皮毒について】付けるものにこだわっていますか?

スキンケア

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true" font_color="#222222"] こんにちは、幸せ美人プロデューサー尾崎まり江です。数あるブログの中から、当ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。このブログでは、美容・女性の副業について配信しています。初めての方はこちらもご覧くださいね。»Profile[/word_balloon]   食べ物に関しては、口から入るものなので、安心なものがいいなと感じている方は多いと思いますが、肌に付けるものにもこだわっていますか?   今回は、経皮毒についてお話ししますね。     経皮毒とは? 経皮毒とは、日用品に含まれている化学物質が、皮膚から進入して、体の中で有害な作用を引き起こすこと 引用元:書籍「見てわかる!図解 経皮毒」/山下玲夜著 経皮毒の影響 女性なら毎日使っている化粧品、そして老若男女問わず使っているシャンプーやボディソープなどに配合されている化学物質は、皮膚から吸収されてしまいます。   何かにかぶれた、肌が荒れたという見た目の症状が出る場合は、皆様も気をつけると思うのですが、皮膚から吸収された化学物質のほとんど皮下組織に残留して、体内に蓄積されます。   体内に入り込んだ化学物質は、10日かかっても10%も排出されず、さまざまな病気の原因になっています。   女性なら婦人科系のトラブルを引き起こす原因になっています。   シャンプーを変えると、生理痛がなくなったという例もあるほど、肌に付けるものはとても大切なのです。   部位によって異なる経皮吸収率 有害物質が皮膚から入り込む割合は、体の部位によって異なります。   腕の内側を「1」とすると、吸収率が高い部位で、性器だと42倍もあります。   なので、ボディソープや入浴剤はもちろん、デリケートゾーン用のクリームや美容液にも気をつけてください。   有害物質が入っているか分かりにくい 1980年〜2000年は、アレルギーなどを引き起こす可能性がある有害物質については、表示義務がありました。   それを「表示(指定)成分」と言います。   2001年〜全成分表示になり、有効成分も表示指定成分も全て記載されるようになり、一般の消費者は、どれが有害物質か分かりづらくなりました。   どんなものに気を付ければいいか? 現代社会では、あらゆるものに化学物質が含まれています。   シャンプー・リンス・スキンケア用品・ボディケア用品・歯磨き粉・台所用洗剤・洗濯洗剤・入浴剤・掃除用品etc   一般的なこうした製品は、ほぼ化学物質を含んでいると思ってください。   防腐剤:パラベン・安息香酸・安息香酸塩など 合成界面活性剤:ラウリル硫酸ナトリウム・ラウリル硫酸Na(SLS)・ラウレス硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸Naなど 保湿剤・乳化剤:プロピレングリコール(PG)・ジエタールアミン(DEA)など 着色剤:タール系色素(赤色○号・青色○号など) 酸化防止剤:エデト酸・エデト酸塩(EDTA)など   日々、さまざまな化学物質が誕生している現代社会において、これらはほんの一部の有害化学物質です。   有害物質が含まれていないスキンケアを見極めるには? 一般的なドラッグストアやコスメショップでは、ほぼ有害化学物質が含まれていると考えてもいいくらい、安心安全なものは少ないのが現状です。   「無添加商品」と呼ばれるものでも、決して安全ではありません。   全成分表示だけでは分かりにくいので、必ず、その会社のホームページなどを確認し、こだわりや理念などをチェックしてみましょう。   あらゆるシーンに有害化学物質が溢れているので、消費者である私たちが賢く選ぶしか避ける方法はありません。   最後に 赤ちゃんのお尻ふきやボディローション、ボディソープにも有害化学物質は含まれていて、私たちは生まれた時から、体に有害なものを取り込んでいる可能性があります。   「ベビー用だから安心」は絶対ありませんので、今から子育てする方も、ぜひこうした知識は覚えておいてくださいね。   LINEのお友達追加でプレゼントを受け取る 無料体験せセッション付き  続きを読む

ファッション

ダイエットやスキンケア モチベーションをキープするための3つのコツ

マインドセット

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true" font_color="#222222"] こんにちは、幸せ美人プロデューサー尾崎まり江です。数あるブログの中から、当ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。このブログでは、美容・女性の副業について配信しています。初めての方はこちらもご覧くださいね。»Profile[/word_balloon]   先日、美肌のための食事術講座で、受講生からこんなご質問がありました。   「たまには甘いものを食べたりしたくなりますが、そのモチベーションはどうやって保っているのですか?」   私自身、そんなにストイックだとは思っていません。もっとストイックな人を知っているので、そういう方たちを比べると、私なんて甘いほうだと思っていますが、それでも、体重をキープしたり、肌に気を遣い続けている、そのモチベーションについて考えてみました。   キレイのためのモチベーションをキープする3つのコツ   ①なりた自分が明確になっている 若い方は知らないかも知れませんが、以前テレビで80歳を過ぎた、芳村真理さんが密着取材を受けているのをたまたま見ました。   「夜のヒットスタジオ」という歌番組の司会をしていたことしか知らなくて、特にファンだということもなかったのですが、H&Mだったか、Z A R Aだったか?   ファストファッションのお店で赤いコートを試着されたのが放映されていました。   高いヒールも履いていて、パッと赤いコートを羽織った芳村真理さんが格好良くて!その後も、街中をカツカツとヒールで歩く姿は、とても80代には見えませんでした。   でも、あんなふうに年を重ねても、着たい服を着て、それが似合う女性でありたいなと思いました。   そうすると、体重や体型はもちろん、姿勢やお肌、メイクにも気を遣うようになります。   どんなふうになりたいか、自分の未来像が描けなかったら、芸能人でもいいんです。人生の先輩となりたい自分を重ね合わせてみましょう。   ②年齢を意識しない 考えてみると、あまり年齢を意識せずに過ごしています。   洋服も着たいと思ったものを着るので、若い人向けのブランドでも、可愛いと思った服があれば、そのお店に入って試着してみます。   今でも20代の若い人たちと話すのは楽しいので、お仕事していても、年下と接する機会の方が多いですね。   40代になったからこうあるべきとか、何かができないということはないと思うんですよね。アイドルになりたいとかは別ですけど(^^;;   もちろん、何歳までに結婚するとか、起業するとか、目標設定をするのにはいいと思いますが、もうこの年だからできないというマイナスの思考は捨ててみましょう。   ③体や肌、心の声を聞く 多くの人が頑張り過ぎ。   眠気や疲労を我慢して仕事をしたり、肌荒れしているのに外側からのケアしかしなかったり、ストレスが溜まっているのに発散する術を知らなかったり…   眠い時は早く寝る、肌荒れしている時は、内臓が疲れていないか?寝不足ではないか?ストレスは溜まっていないか?と自分に問いかけてみる。   自分の体や心、肌の声を聞くようになると、何を食べたらいいのか、どんなことをしたら心が喜ぶのか、逆に、何を食べたら調子が悪くなるのか、どんなことをストレスに感じるのかが分かるようになります。   もっと体や肌、心の異変に気づいて、その対処法を見つけましょう。   最後に 若返りのためのスキンケア方法や食事法については、もちろんいろいろあります。   ですが、それを継続するためには、マインドセットも必要です。   一番は、なりたい自分が明確化どうかだと思います。そこを意識せずに生きていると、いつの間にか、膝が痛い、腰が痛いと言っているおじいちゃん、おばあちゃんになっていきます。   どんなふうに歳をとっていきたいか?理想を思い切り明確に描いてみましょう。   LINEのお友達追加でプレゼントを受け取る 無料体験せセッション付き  続きを読む