カテゴリー別アーカイブ: スキンケア

コロナ アルコール消毒

アルコール消毒による手荒れ対策

スキンケア

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true" font_color="#222222"] こんにちは、幸せ美人プロデューサー尾崎まり江です。数あるブログの中から、当ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。このブログでは、美容・女性の副業について配信しています。初めての方はこちらもご覧くださいね。»Profile[/word_balloon]   最近のお悩みで聞かれることが多いのが「手荒れ」。   どこに行っても消毒を余儀なくされ、指先がカサカサという方も多いのではないでしょうか? 今回は、アルコール消毒による手荒れ対策について書きました!   アルコール消毒による手荒れについて 肌に必要な菌も死滅 菌を殺すために使用する消毒は、皮膚に存在する皮膚常在菌までも死滅させてしまうほど強力です。   皮膚に存在する「皮膚常在菌」は「美肌菌」とも言われるほど、美肌にとっては重要な菌。   腸内と同じように、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が存在していて、善玉菌優位の方が、健康的な美肌を保つことができます。     それが、強い消毒剤によって、これらの皮膚常在菌が死滅…皮膚常在菌は、肌のバリア機能を担っているので、あらゆる外部刺激から肌を守ってくれるのですが、その働きも低下し、乾燥、炎症などを引き起こします。   水分が蒸発 また、消毒液に含まれているアルコールは揮発性があり、水分を蒸散させてしまいます。 そのため、皮膚の水分が足りなくなり、肌の乾燥を引き起こします。     アルコール消毒による3つ手荒れ対策   ①消毒しすぎない 菌は本来そんなに強い消毒液でなくても死滅すると言われています。 なので、手洗いをしっかりしていれば心配はありません。(その際、ミュー○のような殺菌力の強いハンドソープはNG)   なので、手洗いがしっかりできていれば、アルコール消毒は少し手のひらにつける程度。   私は、ほとんどつけていないことがあります(大きな声で言えませんが)。   ②肌に優しい消毒スプレーやシートを持参 中には、アルコールで肌荒れを起こす方もいます。そうでなくてもアルコールに弱いフリをして、肌に合った消毒スプレーやシートを持参しておくようにしましょう。 お店の方に言われても、肌が弱いのでと言って、持参した消毒液で消毒するようにしましょう。   ③ハンドクリームをこまめに塗る ありきたりではありますが、ハンドクロームをこまめにぬりましょう。 ただし、石油系の成分が入っていない天然のものがおすすめです。   ひび割れなどの酷い手荒れの対処法   乾燥や炎症が悪化して、パックリひび割れをしたり、赤くなったりする場合は、ワセリンを塗った後、絆創膏で保護して、数日濡らさないようにしましょう。   お風呂に入った後は、すぐに取り換える、食器を洗う時はゴム手袋をするようにしましょう。   最後に まだまだお店に入る時はアルコール消毒をするよう促される日々が続くでしょう。 肌が弱い人でなくても、これだけ消毒させられると、さすがに肌トラブルを起こします。   あまりにも肌荒れしている場合は、持参してきているものがあると言って、入店前にそれで消毒するようにして、ご自身の手を守ってくださいね。   LINEのお友達追加でプレゼントを受け取る 無料体験せセッション付き  続きを読む

経皮毒

【経皮毒について】付けるものにこだわっていますか?

スキンケア

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true" font_color="#222222"] こんにちは、幸せ美人プロデューサー尾崎まり江です。数あるブログの中から、当ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。このブログでは、美容・女性の副業について配信しています。初めての方はこちらもご覧くださいね。»Profile[/word_balloon]   食べ物に関しては、口から入るものなので、安心なものがいいなと感じている方は多いと思いますが、肌に付けるものにもこだわっていますか?   今回は、経皮毒についてお話ししますね。     経皮毒とは? 経皮毒とは、日用品に含まれている化学物質が、皮膚から進入して、体の中で有害な作用を引き起こすこと 引用元:書籍「見てわかる!図解 経皮毒」/山下玲夜著 経皮毒の影響 女性なら毎日使っている化粧品、そして老若男女問わず使っているシャンプーやボディソープなどに配合されている化学物質は、皮膚から吸収されてしまいます。   何かにかぶれた、肌が荒れたという見た目の症状が出る場合は、皆様も気をつけると思うのですが、皮膚から吸収された化学物質のほとんど皮下組織に残留して、体内に蓄積されます。   体内に入り込んだ化学物質は、10日かかっても10%も排出されず、さまざまな病気の原因になっています。   女性なら婦人科系のトラブルを引き起こす原因になっています。   シャンプーを変えると、生理痛がなくなったという例もあるほど、肌に付けるものはとても大切なのです。   部位によって異なる経皮吸収率 有害物質が皮膚から入り込む割合は、体の部位によって異なります。   腕の内側を「1」とすると、吸収率が高い部位で、性器だと42倍もあります。   なので、ボディソープや入浴剤はもちろん、デリケートゾーン用のクリームや美容液にも気をつけてください。   有害物質が入っているか分かりにくい 1980年〜2000年は、アレルギーなどを引き起こす可能性がある有害物質については、表示義務がありました。   それを「表示(指定)成分」と言います。   2001年〜全成分表示になり、有効成分も表示指定成分も全て記載されるようになり、一般の消費者は、どれが有害物質か分かりづらくなりました。   どんなものに気を付ければいいか? 現代社会では、あらゆるものに化学物質が含まれています。   シャンプー・リンス・スキンケア用品・ボディケア用品・歯磨き粉・台所用洗剤・洗濯洗剤・入浴剤・掃除用品etc   一般的なこうした製品は、ほぼ化学物質を含んでいると思ってください。   防腐剤:パラベン・安息香酸・安息香酸塩など 合成界面活性剤:ラウリル硫酸ナトリウム・ラウリル硫酸Na(SLS)・ラウレス硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸Naなど 保湿剤・乳化剤:プロピレングリコール(PG)・ジエタールアミン(DEA)など 着色剤:タール系色素(赤色○号・青色○号など) 酸化防止剤:エデト酸・エデト酸塩(EDTA)など   日々、さまざまな化学物質が誕生している現代社会において、これらはほんの一部の有害化学物質です。   有害物質が含まれていないスキンケアを見極めるには? 一般的なドラッグストアやコスメショップでは、ほぼ有害化学物質が含まれていると考えてもいいくらい、安心安全なものは少ないのが現状です。   「無添加商品」と呼ばれるものでも、決して安全ではありません。   全成分表示だけでは分かりにくいので、必ず、その会社のホームページなどを確認し、こだわりや理念などをチェックしてみましょう。   あらゆるシーンに有害化学物質が溢れているので、消費者である私たちが賢く選ぶしか避ける方法はありません。   最後に 赤ちゃんのお尻ふきやボディローション、ボディソープにも有害化学物質は含まれていて、私たちは生まれた時から、体に有害なものを取り込んでいる可能性があります。   「ベビー用だから安心」は絶対ありませんので、今から子育てする方も、ぜひこうした知識は覚えておいてくださいね。   LINEのお友達追加でプレゼントを受け取る 無料体験せセッション付き  続きを読む

乾燥肌

美肌の鍵を握る「バリア機能」が低下する5つのスキンケア

スキンケア

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true" font_color="#222222"]こんにちは、幸せ美人プロデューサー尾崎まり江です。数あるブログの中から、当ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。このブログでは、美容・女性の副業について配信しています。初めての方はこちらもご覧くださいね。»Profile[/word_balloon]   前回、お肌を乾燥などの外部刺激から肌を守ってくれるバリア機能について、お話しました。 今回は、そのバリア機能が低下してしまうお話です。   お肌本来の機能なので、通常ならあなたのお肌も化粧品がなくても、つるつるで潤いのある肌のはず。それがなぜか、乾燥したり、吹き出物ができたり…年齢とともに、肌の悩みは尽きなくなってきますね。   バリア機能が低下するスキンケアを知って、お肌本来の力で潤うもち肌を目指しましょう。   ①ダブル洗顔による洗いすぎ   まず、クレンジング、洗顔のダブル洗顔によって、肌に必要なうるおい成分までも洗い流していること。   これは、カバー力に優れた落ちにくい、崩れにくいファンデーションを使っていると、そうせざるを得なくなります。   そのようなファンデーションを使っているなら、まずは、「石けんで落とせるファンデーション」に変えてみましょう。   「これ1本でクレンジングも洗顔も!」という製品がありますね。肌を擦るという負担が減らせるとの謳い文句ですが、1本でメイク汚れや皮脂汚れを落とせるので、より強い洗浄剤が使われている可能性がありますので、ご注意ください。   ②洗顔時のお湯の温度が高い   洗顔はぬるま湯でと伝えられていることが多いのですが、実際は、常温の水がおすすめです。 美容のウェブサイトを運営しているとき、皮膚科の先生に監修してもらっていたのですが、そのときに、教えていただきました。   ただ、脂性肌の方で、どうしてもヌルヌルするという場合は、ややぬるま湯を使ってもいいと思いますが、基本的には、石けんで十分落とせるので、水を使うようにしてみてください。   冬の寒さが厳しい場合は、水も冷たくなりすぎるので、そこも調整が必要です。   ③強い洗浄成分の入ったクレンジングや洗顔フォームを使っている 一般的なクレンジングや洗顔フォームには、合成界面活性剤という、強い洗浄剤が配合されています。   界面活性剤にもさまざまな種類があり、洗浄力が弱いものもありますが、一般的な化粧品や台所用洗剤、洗濯洗剤に使われているものは、洗浄力が高めなので、お肌に必要なうるおい成分まで取り除いてしまいます。   さらに、美肌菌と呼ばれる「皮膚常在菌」も死滅させてしまいます。   合成界面活性剤の種類については、こちらのサイトを参考にしてみてください。 »»»https://cosmetic-ingredients.org/surfactant/   陰イオン界面活性剤、陽イオン界面活性剤が強めの界面活性剤となります。   ④浸透する化粧水を使っている   洗顔後はすぐに化粧水というのが一般常識で、長年そのようなスキンケアをしている方が大半です。   化粧水を肌につけて「浸透した!」と感じている人が多いと思いますが、そもそも肌のバリア機能が正常であれば、水分は肌に浸透しません。   どうして化粧水が浸透したと感じるかといえば、バリア機能を緩ませて浸透させるよう作られているからです。   バリア機能を高めるためのスキンケアをしているつもりでも、実際は、バリア機能を壊している行為なんです。   洗顔後、すぐにクリームを使うことに抵抗があるのであれば、シンプルで良質な温泉水やハーブウォーターで肌を整えることをお勧めいたします。   ⑤合成ポリマー配合のクリームやファンデーションを使っている   クリームを使って「つるん」と潤った!と思っている方が多いと思いますが、それは、合成ポリマーのおかげ。   よくシャンプーなどで「ノンシリコン」と謳っているものを見たことがあると思いますが、シリコンも合成ポリマーの一種です。   この合成ポリマーで「肌が潤った」と勘違いしている人が多いのですが、これは肌表面にサランラップを覆っているのを同じような感じ。   これを使うことで、脳も「肌は潤ってるな」と勘違いして、うるおい成分の分泌をサボってしまいます。   化粧下地という感覚で、朝のスキンケアに使う分にはまだいいですが、夜はお肌の細胞が生まれ変わる時間。なので、できるだけ、お肌に余分なものを塗っておきたくないというのが私の本音です。   合成ポリマーが使われているかどうかは、全成分表示を見て、カルボマー、ジメチコン・トリメチコンなど、「〜メチコン」と表示されているものは、そうだと思ってください。   一般的なクリームで、これらが配合されていないものを見つけるのは困難ですが、お肌のバリア機能を守るためにも、ぜひ全成分表示を確認して、賢く商品を選びましょう。   LINEお友達追加で無料プレゼント中   LINEお友達追加で今なら PDF「キレイを作る10個のポイント」 無料プレゼント中❤︎   週1回キレイのヒントを配信! スキンケア・ダイエットの無料相談も受付中です。 LINEお友達追加でプレゼントを受け取る   まとめ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。   お肌が乾燥しやすい、年齢とともに小じわやたるみが気になり始めたという方は、ぜひ今のスキンケアをチェックしてみてください。   まだ20代、30代で、まだ気になるほどではない方も、老化を遅らせることができるので、今からでも実践してみてくださいね。   おすすめ商品が聞きたい!という方やスキンケアの相談をしたいという方は、LINEのお友達追加をして、ご連絡くださいませ。 続きを読む

スキンケア

乾燥から肌を守ってくれるバリア機能について

スキンケア

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true" font_color="#222222"]こんにちは、幸せ美人プロデューサー尾崎まり江です。数あるブログの中から、当ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。このブログでは、美容・女性の副業について配信しています。初めての方はこちらもご覧くださいね。»Profile[/word_balloon]   「美肌の鍵」とも言える「バリア機能」についてのお話です。   私たちは、化粧水やクリームで保湿しなければならないと思っていますが、肌は本来、自分の力で潤うことができます。   それが「バリア機能」という働きで、肌が持っている機能です。   バリア機能は、大きく分けて3つあります。今回は、3つのバリア機能について解説していきますね。   ①汗と皮脂による天然のクリーム 「皮脂」というと、悪者扱いされがちですが、適度な皮脂は必要です。   その皮脂は、肌表面で汗と混ざり合って、天然のクリームを作り出します。   そのため、皮脂を取りすぎるあぶらとり紙や強い洗浄剤が配合されている洗顔フォームはおすすめできません。   ②角質層 4層から成る表皮の一番上の層が「角質層」と言って、重要なバリア機能を果たしています。 角質層は、ラメラ構造と言って、水溶性の天然保湿因と脂溶性の細胞間脂質が交互に配列されている層です。   天然保湿因子はアミノ酸が、細胞間脂質はセラミドが主成分となっていて、どちらが不足していても、バリア機能は低下されます。     肌荒れや敏感肌の方は、セラミドが不足していると言われており、敏感肌用のコスメにはよく配合される成分です。     ③美肌菌と呼ばれる皮膚常在菌   私たちの皮膚表面には、皮膚常在菌が棲んでいます。別名「美肌菌」とも呼ばれるほど、美肌に欠かせない常在菌で、うるおい成分を作り出したり、アクネ菌などの肌トラブルを招く菌から肌を守ってくれています。   肌荒れやニキビの原因の多くは、この皮膚常在菌バランスの乱れとも言われています。   強い洗浄力のある洗顔フォームやクレンジングを使っていると、皮膚常在菌が死滅する危険性があるため、肌荒れなどトラブルが多い方は、お肌の洗浄剤を見直す必要があります。     LINEお友達追加で無料プレゼント中   LINEお友達追加で今なら PDF「キレイを作る10個のポイント」 無料プレゼント中❤︎   週1回キレイのヒントを配信! スキンケア・ダイエットの無料相談も受付中です。 LINEお友達追加でプレゼントを受け取る 最後に 今回は、バリア機能について解説しました。   乾燥しやすいお肌は、これら3つのバリア機能のどれか、または複数、低下している場合があります。   その場合は、スキンケアを見直す必要があります。   次回は、バリア機能が低下する間違ったスキンケアについて解説したいと思います。続きを読む

スキンケア,ダイエット

化粧品も食べ物も、何が合っているかは自分の肌や体に聞くこと

スキンケア

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" balloon="talk" balloon_shadow="true" font_color="#222222"]こんにちは、幸せ美人プロデューサー尾崎まり江です。数あるブログの中から、当ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。このブログでは、美容・女性の副業について配信しています。初めての方はこちらもご覧くださいね。»Profile [/word_balloon]   先日、スキンケアのご相談を受けました。   敏感肌だけどシミも気になるので、敏感肌でも使える美白化粧品を教えてほしいとのこと。   最近は、敏感肌向けと謳った美白化粧品も増えていて、オーガニックコスメでも美白ラインが充実しています。   なので、それらをピックアップしてお伝えすることは簡単です。 敏感肌向けだから肌トラブルが起こらないことはない   ですが、敏感肌向けだからと言って、すべての敏感肌にそれが合うか?というと、答えはNOです。 ベビー用でも肌荒れを起こすことがあります。   どの化粧品が合っているか?は、自分で試してみるしかないんです。   もちろん、質や成分を選ぶことは大切ですが、そこから合う合わないを見つけるのは、ご自身しかできません。   食材もサプリも自分の体に聞いて選ぶ   スキンケアに限らず、食事やサプリについてもそうです。   ビーガンの人がいますが、お肉を食べないとやっぱり元気が出ないとか、糖質制限がいいと言われても、米を食べないと動けないとか、人それぞれです。   サプリメントを飲む時も、1週間ほど目安量の倍飲んでみて、自分の体調がどうか?以前より良くなっているのか?それとも、変わらない、いまいちなのか?と、自分の体や肌を観察しながら選ん でいくんです。   こうして、自分の肌や体には何が必要かを見極めていきましょう。   LINEお友達追加で無料プレゼント中   LINEお友達追加で今なら PDF「キレイを作る10個のポイント」 無料プレゼント中❤︎   週1回キレイのヒントを配信! スキンケア・ダイエットの無料相談も受付中です。 LINEお友達追加でプレゼントを受け取る   最後に 天気によって肌の調子や体調が変わるように、ストレスや寝不足など生活スタイルが乱れることでも日々、体もお肌も変化します。   毎日、自分の肌に触れる、体の調子はどうかを見ることをしてあげましょう。そうすれば、少しの変化も見落としません。   あと、心の変化も大切。誰といると落ち着くのか、どこに行くと楽しいのか?、自分の心が落ち着いたり楽しめることや場所が分かると、反対に、気分が乗らない相手や場所もわかります。   そうすると、わざわざ波動が下がるような場所に行ったり、人に会わなくてもよくなりますよね。人生をより良くするためには、波動をあげることが大切!   自分の心の声もしっかり聞いてあげてくださいね。続きを読む

肌悩み

シミを消したいので敏感肌にも使える美白化粧品を教えて欲しい

スキンケア

[word_balloon id="1" size="M" position="L" name_position="under_avatar" radius="true" avatar_effect="up_down" balloon="talk" balloon_shadow="true" font_color="#222222"]こんにちは、幸せ美人プロデューサー尾崎まり江です。数あるブログの中から、当ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。このブログでは、美容・女性の副業について配信しています。初めての方はこちらもご覧くださいね。»Profile[/word_balloon]   「シミを消したいので敏感肌にも使える美白化粧品を教えて欲しい」 というご質問がありました。   「シミを消す」ための美白化粧品には、効果を実感しやすいものほど、刺激の強い美白成分が配合されている化粧品が多いですが…   ここ数年で、敏感肌向けの美白化粧品も開発されていて、肌が弱くて心配な方にも使える美白化粧品というのは、増えてきてはいます。   ただ、「敏感肌向け」だから安心というわけではありません。肌トラブルが少ない方でも、敏感肌向けのコスメが合わない場合もあります。   それは、個々によって、合わない成分が配合されている場合があるからです。   天然成分=安心ではない   ここで一つ忠告しておきたいのは、   オーガニックコスメだから安心 天然成分だから大丈夫   こう認識されている方もいるかもしれませんが、これは間違いです。   私が運営しているサロンでは、オーガニックコスメを扱っているので、こんなことを言うとおかしなやつだと思われるかもしれませんが、事実なので伝えておきたいと思います。   解明できてない植物が持つパワー 夏は殺人的な暑さになり、台風やゲリラ豪雨も増えて、日本の気候も昔とは違ってきていますよね。   そんな中でも、自然界で生きる植物は懸命に生きています。植物は、自分自身を外部の刺激から守るために、さまざまな成分を持ち合わせています。   有名なのが「ポリフェノール」です。紫外線などのダメージによる酸化を無害化するためのポリフェノールは、植物に豊富に含まれている成分です。   私たちも、野菜などでそれを摂取することができています。   そのほかにも植物にはたくさんの成分が含まれています。ポリフェノール、ビタミン類など、解明されているものもありますが、解明されていない成分もたくさんあります。その数、植物によっては数百種類と言われます。   化粧品に配合されるのに、その一つ一つに、アレルギーの危険性があるかどうか?なんて、検証できるはずがありません。 また、外部の刺激から自らを守っている植物が持つパワーは、もしかしたら、私たち人間よりも強いかもしれません。   そのパワーに人間の肌が負けてしまう可能性もあるんです。   こうした理由から、オーガニックだから、天然成分だから安心ということは絶対ではないのです。   化学的成分が安心なことも   人間が化学的に作った美白成分や保湿成分がありますが、天然成分よりもそれらが安心といわれるのにも理由があります。   それは、   エビデンスが取れている なにが含まれているか分かっている   先ほど、植物には解明できていない成分が含まれているというお話をしましたが、人の手によって作られた化学成分であれば、どんなものが含まれているかは明確です。   しかも、それがどんなふうにふうに肌に働きかけて、どんな結果を生み出すのかが明確です。エビデンスも取りやすいメリットがあります。   アレルギーを起こしやすい成分を排除することもできます。   敏感肌はシミができやすい   敏感肌というのは、肌が弱いがために、肌トラブルを起こしやすい人が多いですよね。   肌が弱いということは、花粉やホコリなどの外部刺激、化粧品でトラブルを起こしやすく、肌荒れやニキビなどの炎症に悩まされます。   炎症すると、皮膚はその炎症のダメージから細胞を守ろうとして、メラニン色素を作り出します。     メラニン色素といえば、わかりますよね。シミの原因になります。   肌が敏感で、トラブルをよく起こしている人は、炎症後色素沈着といって、シミを起こしやすいため、まずは、敏感肌の改善が必要です。   敏感肌のシミ対策に必要なのは?   敏感肌にできたシミを消したいから、敏感肌にも使える美白化粧品を紹介してくださいといわれれば、もちろん、ご紹介はできます。   敏感肌をケアしながら、美白ケアもできる化粧品も、もちろん知っています。 だけど、それがあなたの肌に合うかどうかは分かりません。   なので、私はシミを消す対策よりも、まずは敏感肌を改善するためのスキンケアや生活習慣の見直しが必要だとお伝えしております。   特に、敏感肌やニキビは、スキンケアだけが原因でない場合もあるので、生活や食生活についてもお話を伺います。   外側からのケアでなんとかしたいという気持ちもわかりますが、顔のトラブルは内臓機能の低下を現していることもあります。   「シミ」だけにフォーカスするのではなく、どんなことが原因なのか?あらゆる観点から解決策を見出していきましょう。   LINEお友達追加で無料プレゼント中   LINEお友達追加で今なら PDF「キレイを作る10個のポイント」 無料プレゼント中❤︎   週1回キレイのヒントを配信! スキンケア・ダイエットの無料相談も受付中です。 LINEお友達追加でプレゼントを受け取る     最後に 私自身もシミに悩んだ時期があり、今も全くゼロになったわけではありません。ですが、食生活を変える、デトックスを意識することで、肌全体に透明感が出て、ツヤも出てきました。   そのため、食生活や生活環境の重要性は身をもって体感しています。それを、もっと多くのい方に知っていただきたいと思っております。   なかなか消えないシミにお悩みであれば、まずは体験セッションを受けてみてくださいね。   LINEのお友達追加でプレゼントを受け取る 無料体験せセッション付き  続きを読む