完全在宅!コールセンターの仕事を在宅でできる「コールシェア」の内容とは?

まり江
まり江

こんにちは、ー10歳再生美容アドバイザー尾崎まり江です。数あるブログの中から、当ブログを見つけてくださり、ありがとうございます。このブログでは、美容・女性の副業について配信しています。初めての方はこちらもご覧くださいね。»Profile

 

今回は、完全在宅でできるコールセンターのお仕事「コールシェア」という会社をご紹介!

 

コールシェアとは?

現在15,000人(2021年7月末日現在)が登録している、在宅でコールセンターのお仕事ができる登録制の会社です。

 

・仕事内容

飲食店や美容関連のお店への無料掲載のご案内をするためのアンケート調査が中心。

アポイントを取ったり、セールスをするものではないので、初心者でも比較的取り組みやすいです。

 

コールシェアに登録するには?

まず、下記ボタンより申し込みしますが、ここでお仕事が始まるわけではありません。まずは、コールシェア合同説明会に参加しますので、希望日時で仮予約。予約が確定したら、メールでお知らせが届きます。

コールシェア説明会

 

»コールシェアの説明会に参加する

 

カメラオフでいいので、Google Meetによる合同説明会に参加して、そこでお仕事をしたいと感じたら、ヒアリング面談に進みます。ヒアリング面談で、断られる場合もあるそうです。

 

※スマホやタブレットなどで視聴する方は事前に【Google Meet】のアプリのダウンロードが必要です。

 

どうしてもコールセンターのお仕事はできないという方には、在宅でのデスクワークもあるようです。ヒアリング面談の時に、お伝えしましょう。

 

・断られる可能性がある場合とは?

シフトやパソコンスキルなどをヒアリングされ、断られる場合もあります。

 

  • 研修や試用期間があるため、1ヶ月間だけなどの短期間の雇用は難しい。
  • 個人情報保護の観点より、カフェやシェアオフィスでの仕事はできません。自宅のみでのお仕事になるので、ペットや赤ちゃんの声が入りそうな場合、仕事は難しいよう。

 

稼働日数や時間、ノルマについて

在宅コールセンター

1ヶ月月何日でも、1日何時間でも働き方は自由で、ノルマもありません。ただし、それぞれ必要な収入があると思うので、推奨されているのは、1日3時間 週3日〜です。

 

稼働人数を把握するため、毎月シフト(勤務予定)を提出するのですが、当日の急なお休み、反対にシフトに入ることもできます。

 

どのくらいの報酬が見込める?

在宅コールセンター

気になるのは報酬ですね。件数に応じての報酬なので、慣れない時期は、大きな報酬に期待はできなさそう。ただ、3ヶ月間は試用期間で「3ヶ月間報酬保証制度」が設けられています。

 

・「3ヶ月間報酬保証制度」とは?

通常の報酬発生対象は、アンケートに答えてもらった場合なのですが、3ヶ月間は、お客様とお話できれば報酬発生対象になります。

 

例えば、お店のオーナーが不在で、スタッフから「不在です」と言われて、オーナーと話せなかった、また、オーナーは出たものの、忙しくて対応してくれなかったなど。

 

こういう場合も、報酬をもらうことができます。その場合の報酬の目安は下記の通りです。最初から1時間20人とお話することは難しいですが、経験者であれば、システムに慣れることで数をこなせるようになると思います。

 

お客様とお話できた件数 報酬額
2,500件以上 130,000円
2,000件以上 117,000円
1,500件以上 91,000円
1,000件以上 65,000円
500件以上 39,000円
200件以上 13,000円
100件以上 6,500円
50件以上 2,600円

 

・1時間で話せる人数や1ヶ月の報酬は? 

例1)1時間で10人のお客様とお話できた場合
1日4時間 月13日稼働 39,000円/520人
1日5時間 月20日稼働 65,000円/1,000人
例2)1時間で20人のお客様とお話できた場合
1日5時間 月20日稼働 117,000円/2,000人

 

・完全成果報酬について

勤務し始めてから3ヶ月が過ぎると、完全成果報酬になります。ただし、試用期間と異なるのは、話せたらOKではなく、アンケートの答えをもらうことが最終着地です。

 

頑張れば頑張るほど、時給換算にすると高額になります。

 

全体の平均時給換算額は、1,300円を超える月があり、稼いでいる人で最も高い時給換算額は4,000円にもなります。

 

仕事をするにあたって必要なもの

在宅コールセンター

パソコン、またはパソコン・タブレット+スマートフォン、またはスマートフォン。

コールシェアのシステムを使って仕事をするため、通信機器が必要。パソコンでまずは、速度の計測をし、問題なければ、パソコンでできるが、遅ければ、スマートフォンと併用しなければならない。

 

そのほかに、マイク付きのイヤホンか、インカムを用意。

 

コールシステム利用料として、毎月1,200円が給与から天引きされる。(初月無料)

 

そのほか、登録の際に、現住所が分かるもの(免許証、公共料金の明細など)、また資料をプリントアウトしなければならないので、プリンターまたは印刷できる環境が必要です。

 

コールシェアの研修について

基本的にシフトは自由で、当日の変更も可能ですが、初めての研修は、決められた日時で必ず参加することが条件となっています。

 

初日、約1時間の研修を受けた後、すぐに仕事をすることもできます。

研修は、平日 午前9:15〜14:00・午後13:00〜17:00の間に行われます。

 

サポートについて

お仕事が実際に稼働し始めてもすぐに順調に進められるものでもありません。電話でお話していて、疑問が出てきたり、こんな時はどうすればいいの?というときは、グループLINEで問い合わせができます。

 

その他に、レベルアップのためのフォローアップもあり、オンライン交流会や実際に成果を上げている先輩の見本を聞くことができます。

 

まとめ

自宅で静かな場所で仕事をしないといけないので、赤ちゃんや小さいお子様とママだけのご家庭では不向きなお仕事です。

 

ただ、子供が幼稚園や保育園に通っている間だけなど、数時間でもいいので、在宅でお仕事したい方にはおすすめです。急なお休みもできるので、お子様の急な病気にも対応できます。

 

電話でのアポ取りやコールセンター勤務の経験がある方なら、早く報酬を見込めそうですね。

 

どうしてもコールセンターのお仕事はできないという場合は、在宅でできるデスクワークもあるそうなので、ヒアリング面談の時にお伝えしましょう。

 

どちらにしても、まずは、下記のリンクより合同説明会に申し込みを済ませましょう!

»コールシェアの説明会に参加する